スポーツ行進曲のメロディーにのせてプロレスラーの得意技

スポーツ行進曲のメロディーにのせてプロレスラーの得意技

スポーツ行進曲

プロレスラー

 スポーツ行進曲の替え歌というのでしょうか、もともとスポーツ行進曲には歌詞がないわけですから当て歌といってよいのでしょうか。ジャイアント馬場の入場テーマ曲でおなじみのメロディーにあわせてプロレスラーの名前を語呂よく繋げながら歌詞にするというものです。その歌詞というのが私の記憶では・・・

チャーララーラ♪ジャイアント
馬場にアンドレに猪木にブッチャー、デストロイヤー、シーク
なのですが、ネットで調べていると諸説ありまして、地域によっても違うようです。

チャーララーラ♪ジャイアント
馬場に鶴田に猪木に大木・・・ここまでがポピュラーな歌いだしのようですが、その後がはっきりとはわかりません。そこで定説がないのであれば自分で作ろうと考えました。

スポーツ行進曲1コーラス-平成最終バージョン

チャーララーラ♪ジャイアント
馬場に鶴田に猪木に大木、アブドラ・ザ・ブッチャー、
デストロイヤー、グレート小鹿、タイガー・ジェット・シン
木戸にカーンに上田に天龍、サンダー杉山
ボボにカブキに木村に小林にスタンハンセン♪
フリッツ・フォン・エリック、ビル・ロビンソン
阿修羅、草津、藤波、長州
ミル・マスカラス、坂口、ハルク・ホーガン、マサ斎藤♪
チャーララーラ♪ジャイアント・・・へ戻る

 何度も繰り返しスポーツ行進曲をユーチューブで聞きました。目を閉じると今でも、チャーララーラ♪ジャイアント

プロレスラーの得意技

データ
プロレスラー 得意技1 得意技2 得意技3
ジャイアント馬場 16文キック 32文ロケット砲 脳天唐竹割
ジャンボ鶴田 バックドロップ バックドロップホールド ジャンピングニーパット
アントニオ猪木 コブラツイスト 卍固め 延髄斬り
大木金太郎 ヘッドバッド X字固め 急所打ち
アブドラ・ザ・ブッチャー 地獄突き エルボードロップ ヘッドバッド
デストロイヤー 4の字固め ドロップキック ヘッドバッド
グレート小鹿 ニードロップ スリーパーホールド アイアンクロー
タイガー・ジェット・シン コブラクロー ブレンバスター 4の字固め
木戸修 脇固め キド・クラッチ スイング式ネックブリーカー
キラー・カーン ニードロップ モンゴリアンチョップ クロー・ホールド
上田馬之助 凶器攻撃 コブラクロー クロスチョップ
天龍源一郎 パワーボム ブレンバスター ノーザンライト・ボム
サンダー杉山 雷電ドロップ ジャーマンスープレックスホールド ソバット
ボボ・ブラジル ココバッド ブルドッキング・ヘッドロック パイルドライバー
ザ・グレート・カブキ 毒霧 トラースキック アッパーブロー
ラッシャー木村 ブルドッキング・ヘッドロック ラッシング・ラリアット クロスチョップ
ストロング小林 ブレンバスター カナディアンバックブリーカー アトミックドロップ
スタンハンセン ウエスタン・ラリアット エルボードロップ スリーパーホールド
フリッツ・フォン・エリック アイアンクロー ドロップキック
ビル・ロビンソン ダブルアーム・スープレックス ワンハンド・バックブリーカー ヨーロピアン・アッパー・カット
阿修羅・原 ヒットマンラリアット 雪崩式ブレンバスター バックフリップ
グレート草津 4の字固め コブラツイスト ドロップキック
藤波辰爾 ドラゴンスープレックス ドラゴンロケット ドラゴンスクリュー
長州力 サソリ固め バックドロップ リキラリアット
ミル・マスカラス フライング・クロス・チョップ ダイビング・ボディ・アタック ドロップキック
坂口征二 アトミックドロップ ネックハンギングツリー 逆エビ固め
ハルク・ホーガン アックスボンバー ランニング・レッグ・ドロップ ビッグ・ブーツ
マサ斎藤 監獄ロック バックドロップ ダックアンダー・スープレックス

 得意技は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用しました。複数の得意技があるので、ウィキペディアの上から3技を選んでいます。

得意技の分布

データで豆知識 プロレスラー 得意技 合計28人のプロレスラーが得意とする技はこのようになっています。ドロップキックを得意にしているレスラーが4人います。
 プロレスというのは興行ですから、観客から技がはっきり見えた方がよいのだろうと思います。そうなると寝技よりも立ち技の方がウケるわけです。足4の字固めなんかは素人でもかけることができて相当に痛いのですが観客席からはよく見えない。やはりドロップキックのような豪快な飛び技、相手を大きく持ち上げてから投げ飛ばすブレンバスターやスープレックスのような技が人気になります。

 それにしても技の種類が多い。スープレックスだけでも複数種類がありまして、ドラゴンスープレックスのようにレスラーのニックネームを冠している技などが多数あるのでもう少しまとめてみます。

カテゴリー分類
1. 打撃技
2. 投げ技
3. 関節技
4. 絞め技
5. 飛び技
6. 浴びせ技
7. 押さえ込み(フォール)技
8. 以上に当て嵌まらない特殊な技

 『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べていると、プロレス技はこのように8カテゴリーに分類できるようです。

データで豆知識 プロレスラー 得意技 得意技をカテゴリーで集計すると、打撃技がかなり多いことがわかります。豪快な飛び技が意外と少ない感じです。打撃技というのは、キック、パンチ、チョップ、頭突きのような技です。

打撃方法

データで豆知識 プロレスラー 打撃技

キック 16文キック ソバット トラースキック ビッグ・ブーツ 延髄斬り
チョップ クロスチョップ モンゴリアンチョップ 地獄突き 脳天唐竹割
アトミックドロップ ニードロップ 急所打ち
アックスボンバー ウエスタン・ラリアット ヒットマンラリアット ラッシング・ラリアット リキラリアット
頭突き ココバッド ヘッドバッド
マット スイング式ネックブリーカー ブルドッキング・ヘッドロック
パンチ アッパーブロー ヨーロピアン・アッパー・カット

 プロレスではグーパンチやつま先蹴りは禁止ですから、平手でのチョップ、腕や膝での打撃が中心になります。マットというのは相手の顔面や後頭部をマットにたたきつけるという激しい技です。打撃技でダメージを受けるのは局所ですが、痛いのは間違いないです。