Coding(KHcoder) 7 対応分析

Coding(KHcoder) 7 対応分析

コーディング対応分析

対応分析ふりかえり
#もとデータ
      魚卵 エビ・イカ マグロ 青魚 貝類 惣菜
 [1,]    1          1      1    0    0    0
 [2,]    1          1      1    0    0    1
 [3,]    1          1      1    0    0    1
 [4,]    1          1      0    0    0    1
 [5,]    1          0      1    1    0    0
 [6,]    0          1      1    1    0    0
 [7,]    0          1      0    1    0    0
 [8,]    0          1      1    1    0    0
 [9,]    0          0      1    1    1    0
[10,]    1          1      1    0    1    0
[11,]    0          0      0    1    1    0
[12,]    0          0      0    1    1    0

#計算用データ
      魚卵 エビ・イカ マグロ 青魚 貝類 惣菜
10代    4          4      3    0    0    3
40代    1          3      3    4    0    0
60代    1          1      2    3    4    0

 対応分析は段(または文書またはH5)ごとに出現する「コード」数をカウントします。それを「外部変数」ごとに集計して計算用データをつくります。計算用データから青い丸(「コード」)と赤い四角(「外部変数」)をプロットする座標を算出します。プロットのサイズは「コード」が出現する回数です。

「コード」と「抽出語」 設定の違い

KHcoder対応分析 抽出語 コード 左画像が抽出語。右画像がコーディングでおこなう対応分析です。
 それぞれの違いは青い丸でプロットする「抽出語」・「コード」の選択方法です。抽出語の場合は「語」の出現回数、段(または文書またはH5)に「語」が出現する回数、品詞のどれか、あるいはそのなかの複数組み合わせを選択できます。コードの場合は「コード」の選択のみ、コードは3個以上が必要です。

 抽出語の場合は選択した「語」を含まない「段」は除外されます。コードの場合もコードを含まない「段」は除外されます。もちろんコーディングされていない「語」は除外されます。

「コーディング」と「抽出語」 結果の違い

KHcoder coding対応分析 分析の粒度が「語」から「コードに切り替わります。「語」よりも見やすくなります。カテゴリーや価格帯などで年代の嗜好を見極めたいときに有用です。

「語」の書き換え

コーディングでは不可能
*いくら
イクラ

*さんま
サンマ

*海老
エビ

 「スマホ」や「スマートフォン」など同意異語を「スマートフォン」に統一して対応分析したいときにコーディングで対応できるのでしょうか。正解はほぼできません。例題として「イクラ」→「いくら」、「サンマ」→「さんま」、「エビ」→「海老」に書き換えるコーディングファイルを作成して実験してみます。コーディング対応分析では3以上のコードが必要なので3語を書き換えます。
KHcoder コーディング対応分析 コーディング対応分析ですからコーディングファイルに記載されている「コード」だけにフィルターされます。抽出語対応分析ではないから「語」は分析対象にはなりません。
 「語」をコーディングで書き換えて「語」の状態で分析しようとするときは、基本的にすべての「語」をコーディングする必要があります。「語」のまま分析するためには「表記揺れの吸収」をつかいます。参照:表記揺れの吸収ファイル書き換え

「コード」を「語」のようにみせる
*いくら
イクラ

*明太子
明太子

*海老
エビ

*イカ
イカ

*甘えび
甘えび

*マグロ
マグロ

*トロ
トロ

*赤身
赤身

*サバ
サバ

*さんま
サンマ

*ハマチ
ハマチ

*あじ
あじ

*ブリ
ブリ

*さざえ
さざえ

*ホタテ
ホタテ

*赤貝
赤貝

*たまご
たまご

*コーン
コーン

*ツナサラダ
ツナサラダ

 このようなコーディングファイルなら「語」の書き換えを行ったうえで、「語」と同様の対応分析が可能になります。
KHcoder コーディング対応分析 「語」の書き換え 抽出語のときと同じ対応分析、「イクラ」→「いくら」、「サンマ」→「さんま」、「エビ」→「海老」に変換されました。
>Coding(KHcoder) 6 カイ2乗値