語の出現場所をビジュアル化する

語の出現場所をビジュアル化する

対応分析図からドリルダウン

対応分析結果

対応分析(六角形ビン)  対応分析は「語」(col)と「外部変数」(row)の位置、「語」と「語」の位置、「外部変数」と「外部変数」の位置、それから「語」の出現回数を全体的に俯瞰することを目的にしています。
 対応分析は確かに全体的俯瞰にはもってこいなのです。KHcoderの場合、対応分析の「語」をポチっと押すとKWICコンコーダンスが開いて「語」の使われ方へドリルダウンできます。対応分析結果は「語」等の位置を全体的に表現するものですから、そこからドリルダウンしたいのは「語」の使われ方よりもむしろ「語」が出現するもっと詳細な位置や回数です。

「語」が出現する「部」のデータ

対応分析「部」 対応分析結果の右下「保存」をクリックしてRソース形式で出力します。(KHcoder 15. 対応分析(第2回))Rを立ち上げてファイルをドロップします。Rへ「dd」と入力すると画像のように行が「部」列が「語」のデータを表示できます。この「dd」をCSVで出力して保存します。

Rからデータを出力するコマンド
write.csv(dd, "ディレクトリ名/dd.csv")

対応分析データ

タブローで接続

ピボット

Tableau ピボット データへ接続して、「部」の列を残して「語」の列をすべてピボットします。
Tableau フィールド名変更 フィールド名をととのえます。

ツリーマップ

Tableau ツリーマップ 「部」を色へ、出現回数をサイズへ、「語」を詳細へドロップするとツリーマップを描くことができます。
 このときに六角形ビンのデータと「語」でデータブレンドしリレーションするように設定します。リンクマークがオレンジ色になればOKです。
Tableau ツリーマップ2 カードの「部」と「語」の順番を入れ替えるとビジュアルを変更することができます。

ダッシュボード

ダッシュボード作成

Tableau ダッシュボード ダッシュボードへ六角形ビン対応分析とツリーマップ2種類を貼り付けます。
Tableau ビュー調整 ツリーマップの▼をクリック、「自動調整」→「ビュー全体」を選択します。これで、枠の中いっぱいにツリーマップを表示することができます。

アクションを追加

Tableau ダッシュボードアクション 「ダッシュボード」→「アクション」を選択します。
Tableau ハイライトアクション 「アクションの追加」→「ハイライト」を選択します。
Tableau ハイライトアクション 「ソースシート」というのは、アクションのもとになるシートです。画像の状態なら、3種類のシートのうちどこかのデータポイントを選択すると(クリックすると)、「ターゲットシート」(画像の設定ではすべてのシート)が連動してハイライトされるという設定です。
Tableau ポチっとクリック 六角形ビンの「奥さん」をクリックします。ツリーマップ1から「奥さん」とい「語」は、第3部で最も出現回数が多い「語」です。第1部では2番目に出現回数が多く、第2部の出現回数が少ないことがわかります。
 ツリーマップ2から第3部と第1部に出現する回数はほぼ同じといったことがわかります。ツリーマップと連動することで「語」が各「部」のなかで出現する回数・順位を確認することができるようになりました。

「章」までドリルダウン

「章」のデータを抽出

KHcoder 対応分析 KHcoderの対応分析の設定を、「抽出語」×「外部変数」、「章」に設定します。
 「部」と同様の手順で、「保存」からRソースを出力、Rへ投入して「dd」のデータをCSVで取り出します。行が「章」、列が「語」のデータになります。
Tableau ピボット タブローからCSVへ接続して「部」のときと同じようにすべての「語」の列をピボットします。
Tableau 棒グラフ 新規ワークシートで、「章」を列シェルフへ、「出現回数」を行シェルフへドロップします。「語」で色を設定します。
 ここでもすべてのデータがリレーションするように3種類のデータソースを「語」でブレンドします。

ダッシュボード

Tableau ダッシュボード ダッシュボードからツリーマップ2を削除して、出現回数の棒グラフを貼り付けます。
 ダッシュボードアクションの窓を開いて出現回数シートはハイライトアクションから除外します。
Tableau フィルターアクション 「アクションの追加」→「フィルター」を選択します。
Tableau フィルターアクション ソースシートが六角形ビンシート、ターゲットシートに出現回数シートを設定します。
ドリルダウン 六角形形ビンのデータポイントをクリックするとツリーマップ1の「語」がハイライトされ、出現回数の棒グラフはフィルターされます。画像のように複数選択も可能です。
>KHCODER & TABLEAU