市区町村マスタ 2-鳥取県・岡山県 (エクセル3D Mapsに活用できる!XY座標付き)

市区町村マスタ 2-鳥取県・岡山県 (エクセル3D Mapsに活用できる!XY座標付き)

データについて


<ヘッダーとデータ2行サンプル>

都道府県コード,都道府県名,団体コード,市区町村名,X_code,Y_code,面積(km2),人口,人口密度,世帯数,1世帯あたり人員,平均年齢(歳),年齢中位数(歳)
31,鳥取県,312011,鳥取市,134.2351,35.5011,765.31,188286,246.0257935,79960,2.354752376,46.52086994,47.35362749
31,鳥取県,312029,米子市,133.331,35.4281,132.42,148524,1121.613049,66756,2.224878663,46.56603716,46.86623711



基本項目

ファイル形式:テキスト (.txt)
文字コード:Unicode (UTF-8)
ファイルサイズ:5.51KB
ウインドウズのメモ帳で開くことができます。
(テキストファイルをエクセルへ変換する方法)
データ形式:クロス集計形式
(データ形式について)
列数:13
行数:47 (ヘッダー行を含む)

<市区町村について>

政令指定都市

岡山市北区、岡山市南区のように分割していない

町村 郡がついている場合は「郡名+町村名」

 

日本全国市区町村マスタとの違い
市区町村マスタ1 市区町村マスタ2
政令指定都市 区別 市合計

(市区町村マスタ1)

データ内容
都道府県コード 2桁 (総務省)
都道府県名 鳥取県・岡山県
団体コード 6桁 (総務省)、都道府県コード (2桁)+市区町村コード (3桁)+チェックデジット (1桁)
市区町村名 2019年1月1日時点
X_code 経度 (市役所、町村役場の経度)
Y_code 緯度 (市役所、町村役場の緯度)
面積 平方キロメートル (2015年国勢調査)
人口 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 (2019年1月1日時点)
人口密度 1平方キロメートルあたり計算値 (2019年1月1日時点)
世帯数 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 (2019年1月1日時点)
1世帯あたり人員 計算値 (2019年1月1日時点)
平均年齢 歳 (2015年国勢調査)
年齢中位数 歳 (2015年国勢調査)

<データ出典>
政府統計の総合窓口 e-Stat
https://www.e-stat.go.jp/
住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査を加工して作成
平成27年国勢調査、都道府県・市区町村別統計表を加工して作成

活用場面

政令指定都市をまとめている

 こちらは市区町村マスタ1です。例えば、岡山市には4区があってそれぞれの区に「X_code」「Y_code」、各メジャー(Σ)があります。
 市区町村マスタ2では岡山市の各メジャー(Σ)を合計してあります。「人口密度」と「1世帯あたり人員」は岡山市合計から算出しています。

粒度の違いに対応

 画像は 「都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額,購入数量及び平均価格」、政府統計の総合窓口 e-Statで公開している「家計調査」の結果データです。
(家計調査<品目分類>1人あたり年間の支出金額 (鳥取市))
 このデータは、岡山市、広島市のように市合計で集計しています。東京23区も東京都区部としてまとめてあります。一方で市区町村マスタ1は岡山市北区のように市よりも細かい粒度で集計してあります。
 粒度が違うとやっかいなことがあります。それがデータテーブルのリレーションシップです。
 「都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり支出金額,購入数量及び平均価格」データテーブルには岡山市の1世帯当たりの米の消費額があります。これに岡山市合計の世帯数をかけることで岡山市の米の消費額合計を算出することができます。

 ところが、市区町村マスタ1には岡山市の人口合計がありません。一方のデータテーブルに「岡山市」というキー項目(メジャー)がないわけですから、これら二つのデータテーブルをリレーションシップすることができないのです。
 また、日本全国市区町村マスタには「岡山市」という「X_code」「Y_code」がありません。ということは、米の消費額を地図へプロットすることもできません。
(粒度についてLOD表現(タブロー))

市区町村マスタ2で解決

 市区町村マスタ1は画像のようになります。岡山市の4区がプロットされます。
 市区町村マスタ2は画像のように、岡山市は1カ所にプロットされます。ちなみに、プロットの座標は令指定都市の市役所の位置です。

エクセルへ変換するときは。A列~D列を「文字列」で変換してください。